印刷工程

富士精版印刷のカタログ等のデジタル印刷工程

01 営業・企画営業

すべての印刷物は、何のために、どんな内容のものをつくるかという企画からスタートします。印刷会社の営業マンは、発注者であるお得意様の要望や企画に、プロとしての意見を加えて打ち合わせを行います。

営業・企画営業

02 企画・制作・撮影・製版

デザイン・レイアウト
デザイン・レイアウト
打ち合わせの内容に従って、お得意様の要望に応える表現を考えます。レイアウト作業はMacintoshなどのコンピューターを利用し、画面を見ながら行います。
DTP編集
レイアウトデータと画像データを組み合わせ、さらにデータの検証や面付け等を行い、出力用DTPデータを完成させた後にRip処理を行います。処理されたページデータはInSite Prepress PortalによりWeb上に公開する事が出来ます。お客様はブラウザからページデータにアクセスする事により、ページの閲覧・校正・承認や却下などの指示をする事が可能です。
スタジオ撮影
スタジオ撮影
必要に応じて自社スタジオで撮影します。イメージカット・モデル撮影・商品撮影まで、さまざまなご要望にお応えします。
画像処理
画像処理
撮影した画像データを最適化し、印刷物に合った美しい色を表現するように、画像補正を行います。スタジオで撮影したデータを、その場で処理することも出来ます。

03 CTP(印刷版の焼付)

CTP出力は、編集済みのデジタルデータを、印刷用フィルムを出さずに印刷機に合わせたPS版を出力することができます。このため、印刷の前工程がスピードアップされました。同時に印刷時のインキコントロールが可能となります。当社では様々な機器と対応でき、出力に信頼性の高い1bit-Tiff・PDF/X-1aでCTPを運用しております。

CTPセッター

04 オフセット印刷

CTP機で出力された刷版を印刷機にセットし、印刷する。印刷機には、大型、小型、1枚ごとに刷る枚葉式、巻取紙で刷る輪転式など、いろいろあります。また、印刷の色数により、単色機や8色刷りの多色機などに分かれています。

  • 枚葉(本社工場)
  • オフセット輪転(丹波市市島工場)

05 加工・配送

印刷物を仕様や用途によって、「罫線入れ」「仕上げ断裁」「穴あけ」「折り」「製本」「型抜き」「箱貼り」「箱組立て」「セット作業」などの加工が行われ、お得意様へ配送します。

  • 断裁
  • 製本
  • 配送