高精細印刷

一般的なカラー印刷物は、そのほとんどが175線で規則的に並んだ網点の大小で表現されています。これより細かいドットで印刷されるものは高精細印刷(300線〜700線)と呼ばれ写真集やカタログに活用されています。CTPの進歩により、高精細印刷版の安定した出力が可能になりましたが、印刷工程は高精細ほど高度な印刷技術と品質管理が求められます。富士精版印刷は、常に最新の印刷機を導入、印刷技術の向上に努めてきました。枚葉印刷機、オフセット輪転印刷機も課題をクリアー、訴求力のある美しい印刷を目指しています。

高精細印刷

高級美術印刷で培った画像処理のノウハウと、新技術であるFMスクリーニング(Staccato)を用いて、スムーズな諧調とあざやかな色調を表現します。

FMスクリーン

網点が目視できないほど微細(20µ)であり、ザラツキ、モアレ、線切れ、ロゼットパターン等をなくし、かぎりなく写真に近い印刷を再現します。また広色域インキを使用することにより、あざやかで深みのある印刷が実現します。

AMスクリーンとFMスクリーンの比較(ロゼットパターンの比較)

カラーの印刷物をよく見ると、小さな亀甲模様が並んでいることがわかります。これをロゼットパターンといいます。バラの花に似ているところからこの名がつきました。これは4色のインキを刷り重ねるために作った網点が色ごとに定められた角度で配置されているために現れます。ロゼットパターンはよほど目を近づけない限り模様として意識されることはなく、濃淡の連続に見えます。FMスクリーンは1つのドットが微細でランダムに配置されるためロゼットパターンは発生しません。

  • AM175線ロゼットパターンが見える
  • FM20µドットの並び方がランダム