常温ワンウェイシステム

湿し水の冷却・排水をなくし、CO2削減、環境保護を考えたオフセット印刷方式を実現しました。

常温ワンウェイシステムは、業界初めてのオフセット印刷の環境負荷低減システムです。
オフセット印刷では、一般にタンクで冷却した湿し水を循環利用し、一定の期間で交換しています。しかしこの時に発生する、廃液が問題になっていました。
当社はこの湿し水を常温(冷却なし)で、かつワンウェイ方式(循環なし)で運用することに成功。廃液を一切出さない印刷方法を確立しました。
さらに、極限まで水を絞ることで、インキの性能を最大に引き出すことにも成功。品質向上・コスト削減・環境負荷低減という三つの課題を同時に達成しました。
この技術革新は、工場のオペレータたちの品質へのあくなき挑戦と、銘酒「奥丹波」「小鼓」を産んだ丹波市市島町の豊かで美しい水資源を守る取り組みから生まれたものです。

湿し水ワンウェイシステム

常温ワンウェイシステムのメリット

@冷却機不要による電気代削減
   水まわりの消費電力は約1/ 4 〜1/ 3 削減。
   冷却機からの排熱もなくなるため作業環境も向上しました。
A循環フィルター削減による作業性向上
   循環中に紙粉・インキカス・溶剤などを除去するために必要だったフィルター代を削減。
   約400リットルのタンクの清掃も年1回に。
B結露による印刷トラブルの削減
   常温のため結露の心配はゼロ。
   常に新鮮な湿し水が供給されるので防腐効果も高まりました。
C排水の発生がなく環境負荷低減
   湿し水の循環・交換をなくし、廃液をゼロに。
Dインキ・湿し水の消費量削減(コスト削減)
E刷りだし時間短縮 機械の稼働率向上
F高速化・生産性向上
G乾燥時間短縮とスペースセーブ (作業時間短縮・スペース有効活用)

[テクニカルレポートを読む]
[『印刷情報』誌掲載のインタビュー記事を読む]

常温ワンウェイに関するお問い合せはこちらまで。
当社の工場見学のお客様には、常温ワンウェイシステムを生み出した工場長とベテランオペレーターが、普段見る機会の少ない印刷の全工程をご案内させていただきます。見学をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。
メールアドレス:fuji-info@fujiseihan.co.jp
TEL:06-6394-1182(窓口:立野/本社工場:奥村/市島工場:横山)