ブックタイトル富士181号 [特集]品質管理365日 今期の反省とまとめ

ページ
10/60

このページは 富士181号 [特集]品質管理365日 今期の反省とまとめ の電子ブックに掲載されている10ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

富士181号 [特集]品質管理365日 今期の反省とまとめ

累計実績前期事故実績当年前年04,0002,0006,0008,00010,00012,0004,5004,0003,5003,0002,5002,0001,5001,0005000不適合金額(千円)7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月6月3691957389062,0253,6504,0154,1294,2044,2048,2738,2738,9414685819119118859521,4041,4822,3492,3492,34971期全社不適合金額管理表(6月は売上予想から算出)1,000枚抜き取り検査の際、外観を目視しただけで進行し不十分であった。また、折りの状態を判断する際、現場責任者のチェックがなく、作業者の判断だけで進行してしまった。【対策】1,000枚抜き取り検査での作業手順書の厳守。現場責任者の作業員への教育や指導の徹底。生産管理部は対策が確実に実施されているかを確認したうえで発注する。②アイの汚れによる刷り直し【内容】冊子の12ページ目のアイ汚れに気付かず刷了。得意先で発覚し全数刷り直した。【原因】版替え時に版押さえのロールにインキカス等の異物が付着し、それが版に移り付いてしまったか、版替え後の刷り始めの際、版に付着したと思われる。【対策】版押さえロールは毎週末安全バー等と同様に掃除をしているが、極力日常作業の中でも注視していく。刷り始めのチェック強化で早期発見できるようにし、最悪でも最終のなぞりチェックで発見し流出を防ぐ。③仕上げ寸法間違い【内容】天地の正規寸法282㎜のところ、2㎜短い280㎜で製本してしまった。【原因】断裁オペレーターが天地サイズを280㎜と思い込んで仕上げてしまい、ライン長が小口や天地の文字切れを目視でチェックしたが、枠や文字の切れもなく、オペレーターからの言葉を信じ体裁原稿の寸法を確認せず進行してしまった。管理者による定期巡回検査で、仕様書と製品の寸法が異なっていることに気付いた。【対策】作業手順では当社からの体裁原稿と自社(協力会社)の仕様書との照らし合わせをして製本を開始する取り決めだが、今回は口頭での確認のみで、仕様書との照合がなく進行してしまっているという作業手順違反によるもので、関係者には猛省を促しルール徹底の再教育を行う。