ブックタイトル富士181号 [特集]品質管理365日 今期の反省とまとめ

ページ
18/60

このページは 富士181号 [特集]品質管理365日 今期の反省とまとめ の電子ブックに掲載されている18ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

富士181号 [特集]品質管理365日 今期の反省とまとめ

2020年の当社カレンダーは、人気の椿シリーズの新版第2弾です。椿シリーズは1997年にスタートし、今回で16回目の刊行となります。2020年の椿カレンダーは、今年の新入社員で、企画部の三澤涼さんのデザイン案が採用されました。表紙の椿は、梅うめヶが香かです。椿の花は通常香りがありませんが、本品種は、梅の花のような爽やかな香りを持つのが特徴です。サザンカとツバキとの自然交配でできた、ハルサザンカの一種とされています。カレンダーには、例年と同様、通常インキより表現力豊かな広演色プロセスインキ「カレイド」(東洋インキ株式会社製)を用いています。3月の「卜ぼく伴はん」や5月の「紅べに唐から子こ」などの鮮やかな赤色は、まさにカレイドならではの力強い赤の表現です。これだけ強い赤なのに、透明感に溢れています。6月の「九ここのえ重」や9月の「桃もも鼓つづみ」などの明るく透明感のあるピンク色の表現では、カレイドの特長であるきめ細かな階調表現が余すところなく発揮されています。2020年 椿カレンダー完成表紙 梅ヶ香(うめがか)梅ヶ香うめがかCamellia Japonica椿2020 CALENDAR富士精版印刷株式会社