ブックタイトル富士181号 [特集]品質管理365日 今期の反省とまとめ

ページ
27/60

このページは 富士181号 [特集]品質管理365日 今期の反省とまとめ の電子ブックに掲載されている27ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

富士181号 [特集]品質管理365日 今期の反省とまとめ

ステージに登場した小椋 佳さん結でひらく 組合の未来 ~時空を超えて 舞台は鹿児島から~》をテーマに鹿児島市にある鹿児島アリーナで開催された。今大会は、全国から3,000名もの参加者が集う、年に一回の一大イベントであり、全国の組合の代表者と傘下の中小企業が一堂に会し、その決意を表明するとともに、国などに対して中小企業振興施策の拡充と強化を訴え、組合組織を基盤にした中小企業の安定的な振興発展を目的に開催された。大会は午後2時に開会。会場の照明が落ちると鹿児島県のPR映像が流れ、霧島九面太鼓や、示現流の演武、薩摩琵琶の演奏などの演目が続き、ゲストに小椋 佳さんが登場するなど大いに盛り上がった。大会プログラム・国歌斉唱、開会あいさつ、開催地会長あいさつ、来賓祝辞・議事(決議経過報告・意見発表・議案採決)・採決された議案の4つの柱Ⅰ.中小企業・小規模事業者等の生産性向上支援等の拡充Ⅱ.中小企業の実態を踏まえた労働・雇用・社会保険料対策の推進Ⅲ.震災復旧・復興支援、豪雨等による災害対策の拡充Ⅳ.中小企業・小規模事業者の積極的な事業活動を支える環境設備・大会宣言・表彰式(優良組合・組合功労者・中央会優秀専従者等)大会はプログラムどおり順調に進み、最後に次回開催地 茨城県が発表され午後5時過ぎに無事に閉会した。その後バスで鹿児島サンロイヤルホテルへと向かった。宿泊する鹿児島サンロイヤルホテルは、最上階の展望温泉から雄大な鹿児島サンロイヤルホテルから眺めた早朝の桜島