ブックタイトル富士181号 [特集]品質管理365日 今期の反省とまとめ

ページ
29/60

このページは 富士181号 [特集]品質管理365日 今期の反省とまとめ の電子ブックに掲載されている29ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

富士181号 [特集]品質管理365日 今期の反省とまとめ

る。鹿児島観光の最終の地は、2015年に「明治日本の産業革命遺産」の構成遺産の一つとして世界遺産に登録された仙巌園と尚古集成館だ。50,000平方メートルの敷地面積を誇る仙巌園は、大河ドラマ「篤姫」や「西せご郷どん」のロケ地としても知られ、島津光久の別邸で、桜島を望む見事な日本庭園がある。尚古集成館は、近代日本の産業化の発展に影響を与えた島津800年の歴史を秘めた資料が展示されていた。私にとって今回が初めての鹿児島は、美味しい薩摩料理と雄大で噴火している桜島を思い出に、午後5時 鹿児島空港発、ANA550便と共に別れを告げた。最後に、帰宅途中でこんな記事が目に飛び込んできた。「桜島(鹿児島市)の南岳で11月8日午後5時24分、爆発的噴火が発生し、噴煙は山頂火口から上空約5,500メートルにまで達した。鹿児島地方気象台によると、1955年から残る記録の中で最大という。山さんたい体膨ぼうちょう張とよばれる現象がみられ、今後も活発な噴火活動が続く可能性がある」とても驚いた事実と合わせて「第71回中小企業団体全国大会」参加の報告とします。最後に、大阪府中小企業団体中央会の皆様、いろいろとお世話をいただき心よりお礼申し上げます。仙巌園 噴火する桜島仙巌園にて記念撮影城山観光ホテルから桜島を眺める