ブックタイトル富士181号 [特集]品質管理365日 今期の反省とまとめ

ページ
30/60

このページは 富士181号 [特集]品質管理365日 今期の反省とまとめ の電子ブックに掲載されている30ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

富士181号 [特集]品質管理365日 今期の反省とまとめ

2019年の厚生行事は、繁昌亭、USJ、新歌舞伎座の3コースとなりました。今回のコースは、労組青年部のアンケートで第一位のUSJ、労使で取り組む上方文化古典芸能応援の立場から今年は落語、新歌舞伎座はかねてより観劇の希望があったところへ歌舞伎座様よりご提案をいただいたことで決定しました。5月19日に第1回の繁昌亭の落語鑑賞会に15名、6月16日のUSJのツアーに99名、新歌舞伎座の観劇に12名の参加となりました(いずれもご家族を含みます)。5月19日の天満天神繁昌亭の落語鑑賞会には、吉賀社長をはじめ、ご家族含む15名が参加しました。落語を楽しんだ後の親睦会には、スペシャルゲストとして、当日登壇した桂勢朝師匠にもご参加いただきました。勢朝師匠は、石川会長がお世話になった桂米朝一門で、当日お話をうかがうと、当社のお客様のご関係者であり、さらに当社の元社員で飲食店経営の傍ら芸能活動も続ける木田さんとも面識がおありということで、世間は狭いものだと思いました。6月16日のUSJは、朝一番からアトラクションをフルで遊び倒したい人たちもい2019年厚生行事を実施吉賀社長を囲んで 左より 荒木さん・河合さんご家族・新田さん後列 左より 石橋さんご家族・石塚さん・辻井さん前列  荒木さん・新田さん山本さんご家族