ブックタイトル富士181号 [特集]品質管理365日 今期の反省とまとめ

ページ
35/60

このページは 富士181号 [特集]品質管理365日 今期の反省とまとめ の電子ブックに掲載されている35ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

富士181号 [特集]品質管理365日 今期の反省とまとめ

 今回お食事をさせていただいたのは、東京支店から徒歩10分ほどにある『松栄亭』です。 創業明治四十年の看板メニューは、夏目漱石の「変わったものが食べたい」とのリクエストから即席で誕生した『洋風かきあげ』。一方、『ハヤシライス』はドラマ『天皇の料理番』のモデル、秋山徳蔵さん直伝! そのようなエピソードを持つメニューの中から『ロールキャベツ』を注文しました。コクのあるデミグラスソースは「昔ながら」のフレーズが似合いそうな、親しみやすい味が印象的でした。佐竹さん注文の『カキフライ』もボリュームたっぷり! 美味しいランチを楽しみつつ、視線は店内に飾られているポスターや色紙へ…よく見ると「探偵物語」の松田優作さんのサインでした。TVドラマ内での〝工藤探偵事務所?は松栄亭からすぐ近くの場所にあり現在は建物は無くなってしまったものの、そこで使用していたステンドグラスは、今は店内に飾られています。 とても落ち着いた店内で「昭和の味と文化」に浸ることのできる素敵な場所です。機会があれば是非お立ち寄りください。夏目漱石ゆかりの老舗洋食店『松栄亭』で食事Today'slunch3 松栄亭