CONTACT

TOP会社概要 〉 沿革

富士精版印刷株式会社 FUJI SEIHAN PRINTING Co.,Ltd. ひたすら技術の向上を求めて。

受賞履歴

沿 革

1950年6月
富士精版印刷株式会社設立
1950年9月
ジェーン台風により平版工場倒壊・再建 波乱のスタートであった
1958年2月
新工場建設(鉄筋コンクリート造平屋建)1,192㎡
1958年9月
社内報『富士』創刊
1959年7月
大阪労働基準局より進歩賞を受ける
1964年4月
自動四六全判2色刷オフセット印刷機導入
1966年1月
この頃「富士会」始まる
1967年8月
大阪府印刷工業組合より「経営・設備の近代化モデル工場」の推薦を受ける
1968年6月
自動5色A倍判高速オフセット印刷機導入(関西初)
1970年3月
電話交換を自動に切替
  • 創業当時の石川会長

    創業当時の石川会長

  • 1950年代の本社工場周辺

    1950年代の本社工場周辺

1970年11月
東京営業所開設
1971年7月
東淀川税務署より「優良申告法人」の表敬をうける
1972年9月
『ちょく・とくり』で造本装幀コンクール入賞
1972年9月
『はち・さら』で造本装幀コンクール入賞(日本写真製版連合会長賞)
1974年8月
『グアム島写真集』刊行
1975年11月
日本チバガイギー社様より医学解剖書印刷に対する感謝状
1979年10月
東京営業所を分離し、東京富士精版印刷株式会社を設立(資本金2,000万円)
1980年6月
創業30周年(当時の本社工場)
1982年12月
富田林工場建設(敷地1,010㎡、建物594㎡)

1984年6月
海老良周相談役が『印刷業のトラブル対策120』を刊行
『品質管理365日』シリーズ(第1集)
1985年3月
A横全判両面4/4色刷オフセット輪転機1台を新設
1986年6月
品質管理室設置
1988年4月
富田林工場で研究中であった新技術フルパイル作業完成
(完全棒積み印刷技術)

1990年3月
「大阪府品質管理推進企業」の認定をうける
1992年4月
石川社長が黄綬褒章を拝受
1992年12月
海老相談役が野間賞受賞
1993年5月
市島工場竣工(敷地8,373㎡、建物3,247㎡)
『品質管理365日 7年間の反省・まとめ』(第2集)刊行
1994年6月
『品質管理365日 8年間の反省・まとめ』(第3集)刊行
1994年7月
製版室新設
1996年5月
企画室新設
1997年12月
『グアム島写真集』3部作の功績により、石川社長と写真家・水田満先生がグアム名誉大使に任命
1999年11月
富士精版印刷カラーチャート発刊
2000年6月
A全判横型両面4/4刷オフセット輪転機フルAPC(完全自動刷版交換装置)付を国内で初めて導入
2002年3月
CTP室新設
2003年2月
岡田忠員『印刷修行50年の道』刊行(弊社元専務)

2005年4月
常温ワンウェイシステム運用開始(市島工場)
2006年9月
『続・品質管理365日 12年間の反省・まとめ』(第4集)刊行
2007年5月
石川会長が旭日中綬章を拝受
2007年11月
FSC認証取得
2007年12月
撮影スタジオ新設

2009年4月
経済産業省より「明日の日本を支える元気なモノ作り中小企業300社」に選定される
2010年6月
創立60周年
2010年7月
『品質管理365日 4年間の反省・まとめ』(第5集)刊行
2010年10月
プライバシーマーク付与認定
『白描源氏物語』刊行(創立60周年記念出版)
2010年12月
Japan Color標準印刷認証取得(本社工場)

2011年9月
オンデマンド印刷機新設
2011年11月
東淀川税務署より1971年から連続して
9回目の「優良申告法人」の表敬を受ける
2012年6月
カラーオンデマンド機増設
2013年9月
B縦半裁両面4/4刷オフセット輪転機新設
2014年7月
Japan Colorプルーフ運用認証取得(本社工場)
2015年7月
中綴じ製本加工ライン導入
2015年8月
A横全判両面4/4色刷オフセット輪転機入替
2015年10月
東京富士精版印刷を吸収合併し、東京支店としてスタート
『品質管理365日 各部門の反省・まとめ』(第6集)刊行

2018年6月
ホームページリニューアル
2019年5月
第40回「2019日本BtoB広告賞」にて当社ホームページが
「ウェブサイト〈一般サイト〉の部」で銀賞を受賞
2019年7月
株式会社ホクシンと業務資本提携
(100%株式取得)を結び、グループ会社化

ページのトップへ

ページのトップへ